見るがいい。そして思い知れ。これが『王の愉悦』というものだ